Skip to content

ASロゴ

バージョン 1.1.0:1

序章

ActiveServerはGPayments Pty Ltdが提供する3Dセキュア2サーバーのソリューションです。

また、GPaymentsは、3Dセキュア2モバイルSDKソリューションであるActiveSDKも提供しています。SDKソリューションの詳細については、当社までお問い合わせください。

ドキュメントの使い方

バージョンと言語

デフォルトで最新のActiveServerのリリースのドキュメントが表示されます。メニューバーのドキュメントVerのドロップダウンをクリックすることで以前のバージョンのドキュメントがご覧になれます。最新をクリックすると最新のドキュメントがご覧になれます。

言語のドロップダウンをクリックすると英語のドキュメント、日本語のドキュメントが確認できます。

すべてのページの左側にチャプターの各リストがあります。メニューから任意の章を選択してそのページに移動することができます。ウィンドウが狭すぎる場合、チャプターの各リストが表示されない場合がありますが、左上のハンバーガーのアイコンからアクセスできます。

また、各ページには、右側に目次が表示されます。これにはそのページのサブセクションが表示されます。リストから任意のサブセクションを選択してスキップできます。ウィンドウ幅が狭すぎるか、単純に小さすぎる場合、目次が表示されない場合があります。この場合、それらが表示されるようにウィンドウのサイズを変更する必要があります。

見出しの隣にある¶アイコンをクリックして、アドレスバーにリンクをコピーすると、セクションへのリンクを作成できます。

画面右上の検索ボックスに語句を入力すると、ドキュメント内を検索できます。検索結果はその語句を含むすべてのページについて表示され、ドキュメントの関連部分にリンクしています。

PDFとしてダウンロード

全てのページにはActiveServerドキュメントをダウンロードアイコンが右上にあり、これをクリックすることでActiveServerのドキュメントをPDFとしてダウンロードすることが可能です。このアイコンはオンラインドキュメントの全てのセクションをPDFとしてダウンロードします。

重要

オンラインのドキュメントが常に最新のドキュメントになります。PDFとしてダウンロードした場合、使用しているActiveServerのバージョンのオンラインのドキュメントに変更がないかを日頃からチェックされることを推奨します。

このドキュメントの概要

このドキュメントでは、ActiveServerの紹介、統合プロセスのガイド、トラブルシューティング手順について説明します。

このドキュメントは以下の章で構成されています:

  • 序章 - ActiveServerの紹介、このドキュメントの概要。
  • クイックスタート - インストール手順、ヒント、ActiveServerを稼働させるための必須情報。
  • 機能まとめ - システムの主な機能の説明。
  • ガイド - 3DS2タスクの為のシステム機能の使用方法とその他の機能に関する広範なガイド。
  • APIレファレンス - APIの使用方法の概要、APIリファレンス・ドキュメントおよびエラーコードリストへのリンク。
  • 用語集 - ドキュメント全体で使用される3DS2およびActiveServer固有の用語、略語、定義。
  • ドキュメントバージョン - ドキュメントの変更ログ。
  • リリースノート - バージョンごとのActiveServerソフトウェア・リリースノート。
  • 法的通知 - 機密保持、著作権、免責事項、責任に関する声明。

製品紹介

ActiveServerは、加盟店および決済代行会社向けの3Dセキュア2の 3DSサーバーソリューションです。ActiveServerを使用すると、加盟店は、決済フローに対して3DS2を実装でき、ライアビリティ・シフトによる非対面取引(CNP)詐欺に対する保護を保証できます。主要なすべての国際ブランドがサポートされており、PCI-DSS 3.2に完全に対応しており、使いやすいAPIを用いて簡単に統合できます。

ActiveServerはインハウスの導入に柔軟に対応しており、GPaymentsのホスティング・サービスからもご利用したりできます。

中核機能

ActiveServerには、以下の中核機能があります。

  • インテリジェント・レポート - 管理Webアプリケーションから提供されるレポート機能で主要なビジネス情報が利用できます。
  • アプリケーション・サーバーとOSに依存しない - 一般に使用されているWebコンテナを使用し、WARファイル形式でActiveServerを起動するか、またはSpringを使用してスタンドアロンアプリケーションとして展開できます。この機能は、一般的に使用されているWindowsおよびLinuxベースのシステムを含むすべてのオペレーティング・システムにまで使用できます。
  • HSMに依存しない - Thales、Gemalto、AWS KMS、またはPKCS11互換HSMを含む、主要なほとんどの暗号化のための汎用ハードウェア・セキュリティ・モジュールと互換性があります。
  • 容易な製品アクティベーション - GPaymentsを使用する組織のアカウントにリンクされたトークンベースのアクティブ化手順で展開されたすべてのActiveServerインスタンスを簡単に管理できます。
  • 複数の3DSリクエスターと加盟店 - 複数の3DSリクエスターと加盟店を同じActiveServerインスタンスに追加できます。
  • 移行の容易さ - 既存のお客様は、GPaymentsを使用してActiveServerへの移行に必要な計画を立て、移行ツールを特定します。

ActiveServer API

ActiveServerは、加盟店の既存のシステムとの統合のため、業界標準に基づいた使いやすいRESTful APIを提供します。 リクエストはJSON形式で送受信できます。APIには詳細なドキュメントとサンプルコードが付属しており、シームレスな体験を提供します。

認証API

ActiveServerは認証コンポーネントを公開しており、加盟店はブラウザとモバイルの既存のチェックアウト・プロセスにAPIコードを埋め込むことができます。このコードはActiveServerを呼び出して、認証を実行し、認証レスポンスを返します。これは柔軟なモデルであり、加盟店自身のネットワークからインターネット経由でActiveServerを遠隔操作する機能を加盟店に提供します。

管理API

ActiveServerは、システム管理者や開発者が加盟店およびアクワイアラーを既存のインフラストラクチャに統合できるようにする管理サービスへのAPIを公開しています。 管理APIは、すでに加盟店情報を維持管理している加盟店アグリゲーターおよび決済代行会社に特に役に立ちます。これにより、加盟店自身のシステム内でActiveServerの加盟店管理タスクが統合され、管理上のオーバーヘッドが大幅に削減されます。

GPaymentsについて

GPaymentsロゴ

GPaymentsはオーストラリアに本社を置く企業で東京にも支社があります。世界中のお客様に向けて、オンライン取引に関する決済認証製品の提供に特化しています。 弊社は国際ブランド、金融機関(イシュアーとアクワイアラーの両方)、オンラインサービスプロバイダー、加盟店、カード会員向けにさまざまなソリューションを提供しています。 弊社の3DS2アプリケーション・スイートには、ActiveAccess(ACS)、ActiveServer(3DSサーバー)、ActiveSDK(3DSモバイルSDK)が含まれています。 また、GPaymentsはお客様に対して、エンドツーエンドのシステム統合テストのために、3DS2 TestLabsへのアクセスも提供しています。TestLabsには、新しい完全に開発済みのディレクトリ・サーバー、モバイルSDK、EMVCo準拠ACSがあります。

GPaymentsの詳細については、弊社のWebサイトhttps://www.gpayments.com/jpにアクセスするか、sales@gpayments.co.jpまでお問い合わせください。

このドキュメントで誤りを見つけた場合や、追加のサポートについてお問い合わせいただく場合は、support@gpayments.co.jpのGPaymentsテクニカルサポートまで電子メールでお問い合わせください。